連携ツール

トレーシングレポート

参考資料
  • 京都大学医学部附属病院 薬剤部
    • 一般的な薬物治療に関する服薬情報提供書(トレーシングレポート)
    • がん薬物治療に関する服薬情報提供書(トレーシングレポート)
      • 薬剤ごと
 

病院薬剤師-保険薬局薬剤師連携

薬剤管理サマリー

• 参照)
日本病院薬剤師会
薬剤業務関連記録様式等
↑リンク元から様式のダウンロードが可能
 >「薬剤管理サマリー(改訂版)」の活用について(お願い) (平成30年1月15日)(URL)
 >「薬剤管理サマリー(小児版)」
 >「薬剤管理サマリー(精神科版)」の活用について(お願い) (令和5年8月7日)(URL)
 

抗がん薬治療

テレフォンフォローアップ

愛知キャンサーネットワーク

 

東京都薬剤師会

造血幹細胞移植

LTFU ツール

 

処方元-薬局

事前合意プロトコル

事前合意プロトコール2024/1/18 0:592024/1/18 7:08
厚生労働省医政局長通知「医療スタッフの協働・連携によるチーム医療の推進について」(医政発0430第1号、平成22年4月30日)
1)薬剤師を積極的に活用することが可能な業務
以下に掲げる業務については、現行制度の下において薬剤師が実施することができることから、薬剤師を積極的に活用することが望まれる。
1 薬剤の種類、投与量、投与方法、投与期間等の変更や検査のオーダについて、医師・薬剤師等により事前に作成・合意されたプロトコールに基づき、専門的知見の活用を通じて、医師等と協働して実施すること。
2 薬剤選択、投与量、投与方法、投与期間等について、医師に対し、積極的に処方を提案すること。
3 薬物療法を受けている患者(在宅の患者を含む。)に対し、薬学的管理(患者の副作用の状況の把握、服薬指導等)を行うこと。
4 薬物の血中濃度や副作用のモニタリング等に基づき、副作用の発現状況や有効性の確認を行うとともに、医師に対し、必要に応じて薬剤の変更等を提案すること。
医師の働き方改革を進めるためのタスク・シフト/シェアの推進に関する検討会:「医師の働き方改革を進めるためのタスク・シフト/シェアの推進に関する検討会 議論の整理、令和2年12月23日
6.現行制度の下で実施可能な業務のうち特に推進するものについて iii)薬剤師 ・手術室・病棟等における薬剤の払い出し、手術後残薬回収、薬剤の調製等、薬剤の管理に関する業務 ・事前に取り決めたプロトコールに沿って、処方された薬剤の変更(投与量・投与方法・投与期間・剤形・含有規格等) ・効果・副作用の発現状況や服薬状況の確認等を踏まえた服薬指導、処方提案、処方支援