1. 抗悪性腫瘍剤

ハイリスク薬の薬学的管理

抗悪性腫瘍剤の薬学的管理指導において特に注意すべき事項
  1. 患者に対する処方内容(薬剤名、用法・用量、投与期間、休薬期間等)の確認
  1. 服用患者のアドヒアランスの確認(化学療法に対する不安への対応、外来化学療法実施の際に受けた指導内容や提供された情報の確認)
  1. 副作用モニタリング及び重篤な副作用発生時の対処方法の教育
  1. 効果の確認(適正な用量、可能な場合の検査値のモニター)
  1. 一般用医薬品やサプリメント等を含め、併用薬及び食事との相互作用の確認
  1. 患者に最適な疼痛緩和のための情報収集、処方提案と患者への説明、麻薬の使用確認
  1. 支持療法の処方・使用の確認あるいは必要に応じた支持療法の提案等
日本薬剤師会「薬局におけるハイリスク薬の薬学的管理指導に関する業務ガイドライン(第2版・平成23年)」

学会

ガイドライン

学会からの提言や Recommendation

医薬品安全性情報

抗悪性腫瘍剤に関連する医薬品安全性情報 「医薬品NEWS」から関連部分のみを表示している

副作用

 

薬学的管理

抗がん薬の薬学的管理2024/3/28 7:092024/6/6 0:22

参考資料

CTCAE
CTCAE2023/10/26 3:542024/1/22 3:20具体的症状2024/1/22 3:212024/1/22 3:29