処方箋の使用期間

基本的なルール

処方箋の使用期間は、交付の日を含めて4日以内です。
これには、休日・祝日を含みますので、長期の休みの前に受診された時はご注意ください。
保険医療機関及び保険医療養担当規則
三 処方箋の交付
イ 処方箋の使用期間は、交付の日を含めて四日以内とする。ただし、長期の旅行等特殊の事情があると認められる場合は、この限りでない。
診療録等の記載上の注意事項 第5 処方箋の記載上の注意事項
5 「交付年月日」欄について
患者に処方箋を交付した年月日を記載すること。
6 「処方箋の使用期間」欄について
(1) 交付の日を含めて4日以内の場合は、記載する必要がないこと。 (2) 患者の長期の旅行等特殊の事情があると認められる場合に、交付の日を含めて3日以内又は交付の日を含めて4日を超えた日より調剤を受ける必要がある場合には、年月日を記載すること。この場合において、当該処方箋は当該年月日の当日まで有効であること。 (3) 様式第二号の二に基づく処方箋(以下「分割指示に係る処方箋」という。)の場合は、分割の1回目に係る使用期限を記載することとし、当該使用期限が交付の日を含めて4日以内の場合は、記載する必要がないこと。
「診療報酬請求書等の記載要領等について」等の一部改正について(通知)、保医発0327第5号、令和6年3月27日

注意事項

処方箋の使用期間については、原則として、4日間と言う使用期間があることが知られていないケースもあり、国民からの行政相談も寄せられています。
  • 厚生労働省保険局医療課:「処方箋の使用期間について」、事務連絡、令和5年3月 24 日.(URL
  • 総務省行政評価局長:「薬の処方せんの使用期間の徒過の防止について(あっせん)」、総評相第79号、平成22年3月30日.(URL

期限超過時の対応

薬剤師は、有効期限超過したときに、疑義照会によって、期限延長してもらうことはできないと指導されています。