2020年 JCSガイドライン フォーカスアップデート版 冠動脈疾患患者における抗血栓療法

 
 

第5章 心臓手術・非心臓手術における周術期の抗血栓療法

1. 心臓手術

1.1 CABG 施行前の休薬

  • 低用量アスピリン(81〜162mg/日):継続(I)
  • P2Y受容体拮抗薬:休薬 (IIa)
    • チカグレロル:3日以上
    • クロピドグレル:5日以上
    • プラスグレル:7日以上
詳細は、P32〜

1.3 CABG を除く心臓手術

CABG に準じる

2. 非心臓手術

2.4 術前の休薬

2.4.1 抗血小板薬
  • アスピリン
    • 原則:継続(出血リスクを上回る利益をもたらすため)
    • 出血リスクが高い手術・周術期血栓リスクが低い患者・出血が重篤な状態を引き起こしうる患者:手術の7日前からのアスピリン休薬を検討
  • P2Y受容体拮抗薬:休薬
    • 原則
      • チカグレロル:3日以上
      • クロピドグレル:5日以上
      • プラスグレル:7日以上
    • 僅かな出血も許容されない手術(脊髄手術や他の脳神経外科手術など)や出血リスクが大きく上回る場合
      • より長期間の休薬が考慮されうる
表26 非心臓手術・処置の出血リスク
図25 冠動脈疾患患者における非心臓手術施行時の抗血小板薬の休薬
図26 待機的手術における抗血小板薬の術前の休薬時期と術後の再開時期
2.4.2 抗凝固薬
  • 出血リスクが極めて低い手術
    • 抗凝固薬:中断しないことが推奨される
  • 出血リスクが低い手術
    • DOAC:手術の24時間前までには休薬
    • ダビガトラン:
      • CCr 50〜79 mL/min:36時間前までには休薬
      • CCr 30〜49 mL/min:48時間前までには休薬
    • リバーロキサバン・アピキサバン・エドキサバン
      • CCr 15〜29 mL/min:36時間前までには休薬
  • 出血リスクが中等度〜高度の手術
    • DOAC:48時間前までには休薬
    • ダビガトラン:
      • CCr 50〜79 mL/min:72時間前までには休薬
      • CCr 30〜49 mL/min:96時間前までには休薬
    • ワルファリン:手術3〜5日前に服用中止することを考慮
  • ヘパリン代替療法
    • ワルファリン
      • 心房細動:ヘパリン代替療法は推奨されない
      • 人工弁弛緩術後など:ヘパリン代替療法が考慮される可能性がある
    • DOAC
      • ヘパリン代替療法は不要(短期間の休薬で管理が可能であるため)
表27 待機的手術における抗凝固薬の術前の休薬時期と術後の再開時期