院外処方箋の基本的な記載事項

院外処方箋の基本的な記載事項

処方箋発行元が記載する箇所には、
  • 保険・公費に関する事項
  • 「患者」欄
  • 保険医療機関に関する事項
  • 処方箋の交付年月日・使用期間
  • 「処方」欄
  • 「備考」欄
があります。
 

概要

 

①患者

投薬を受ける方の、氏名・生年月日・性別(該当する方に○)を記載する

②保険医療機関

保険医氏名:処方箋を発行した保険医が署名するか、又は処方医の姓名を記載(印字又はゴム印)し、押印する
保険医療機関の所在地・名称:保険医療機関指定申請の際等に、地方厚生(支)局長に届け出た所在地及び名称を記載する

③交付年月日・使用期間

交付年月日:患者に処方箋を交付した年月日を記載
使用期間:交付の日を含めて4日以内の場合は、記載する必要がない
※患者の長期の旅行等特殊の事情があると認められる場合に、4日を超える日から調剤を受ける必要がある場合は、その年月日を記載する
 

④処方欄

投薬すべき医薬品名、分量、用法及び用量を記載する
余白がある場合には、斜線等により余白である旨を表示する、または、「以下余白」と記載する
医薬品名
「一般名処方」または薬価基準に記載されている名称を記載する
一般名処方:一般的名称+剤形+含量+(2以上の規格単位がある場合は規格単位も記載)
(※約束処方による省略や記号等は不可)
分量
内服薬:1日分量
内服用滴剤・注射薬・外用薬:投与総量
屯服薬:1回分量
用法及び用量
  • 1回当たりの服用(使用)量
  • 1日当たり服用(使用)回数
  • 服用(使用)時点(毎食後、毎食前、就寝前、疼痛時、○○時間毎等)
  • 投与日数(回数)
  • 服用(使用)に際しての留意事項等 を記載する
※湿布薬:1回当たりの使用量及び1日当たりの使用回数、又は投与日数を必ず記載する

⑤銘柄変更

特定の医薬品を指定する場合、
  • 先発医薬品または後発医薬品の名称(銘柄名、後発医薬品の場合メーカー名まで)を記載し、
  • 「変更不可」に「レ」または「×」を記載し、
  • 備考欄の「保険医署名」欄に、署名、または、記名・押印
このとき、特定の後発医薬品を指定する場合には、備考欄に理由を記載する

⑥リフィル

⑦備考欄

保険薬局が調剤を行うに当たって留意すべき事項等を記載する

⑧残薬確認時の対応

特に指示がある場合、どちらかに印をつける
☑️保険医療機関へ疑義照会した上で調剤
薬局では、患者に残薬の状況を聞き取り、医療機関に疑義照会を行う
☑️保険医療機関へ情報提供
薬局では、患者に残薬の状況を聞き取り、調剤する(日数調整は行わず)
その後、医療機関に、残数などの詳細を情報提供