低血糖

初期症状

「冷や汗がでる、気持ちが悪くなる、急に強い空腹感をおぼえる、寒気がする、動悸がする、手足がふるえる、目がちらつく、ふらつく、力のぬけた感じがする、頭が痛い、ぼんやりする、目の前が真っ暗になって倒れそうになる」などの症状が急に出現したり持続したりするが、食事をとると改善する
「ボーッとしている、うとうとしている、いつもと人柄の違ったような異常な行動をとる、わけのわからないことを言う、ろれつが回らない、意識がなくなる、けいれんを起こす」など

重篤副作用疾患別対応マニュアル

厚生労働省 >重篤副作用疾患別対応マニュアル https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/iyakuhin/topics/tp061122-1.html  ※改定前の版も閲覧可能
重篤副作用疾患別対応マニュアル(医療関係者向け) https://www.pmda.go.jp/safety/info-services/drugs/adr-info/manuals-for-hc-pro/0001.html
重篤副作用疾患別対応マニュアル(患者・一般の方向け) https://www.pmda.go.jp/safety/info-services/drugs/adr-info/manuals-for-public/0001.html

(医療関係者向け)

(患者・一般の方向け)

(更新)
  • 令和5年12月改定
    • 主な変更内容
      • グルカゴン点鼻製剤について記載
        • 患者さん向けには7ページの下から4行目のところ
        • 医師向けには16ページの真ん中の段に近いところ
      • リアルタイム血糖測定:リアルタイム持続グルコース測定・スキャン式持続グルコース測定
        • 特にリアルタイム持続グルコース測定は、血糖が高いあるいは低いと警告音を発することについて17ページの後半の低血糖の予防の部分で記載
      • クロピドグレルとレパグリニドの併用によって低血糖が起こるという症例の報告
        • 20ページの症例4に記載
        • 併用によってレパグリニドの代謝が遅くなって、それによって血中濃度が高まり、低血糖を来すということの記載