食品アレルギーと注意すべき医薬品

牛乳アレルギー

牛乳アレルギーに禁忌の薬

牛乳アレルギーの原因となる主要なアレルゲンは、カゼインβ-ラクトグロブリンα-ラクトアルブミン、およびボビン (bovine) 血清アルブミンです。これらのタンパク質は、特に乳児において免疫反応を引き起こしやすいです。
医薬品の中にも、乳タンパクを含有するものがあります。牛乳アレルギー・乳アレルギーを持つ方には、乳タンパクを含む医薬品は禁忌ですので、使用を避ける必要があります。
牛乳アレルギーに禁忌の薬
 
 

「乳糖」と牛乳アレルギーの関係

牛乳アレルギーをお持ちの方は、成分表示を非常に気がけていらっしゃいます。そのため「乳」という文字を非常に気になさいます。代表的なものに「乳糖」があります。
 
乳糖とは、哺乳類の乳に含まれる主要な糖質です。
「乳糖」は、さまざまな医薬品の添加物として使用されており、それ自身は、アレルゲン性を持ちません
しかし、医薬品薬局方で規定された純度の高い乳糖であっても、ごく微量の乳タンパク質が夾雑しており、1 mg/g 程度のタンパク質が検出されています。(酒井信夫、2012
混在する乳タンパク質のため、アレルギー症状が起こる可能性があるので、摂取を回避することは重要です。
 
添加剤として乳糖を含む薬剤のうち、「注) 夾雑物として乳蛋白を含む。」と記載されている薬剤を挙げています。
(補足)あげているのは、「乳糖を含む薬剤」かつ「注) 夾雑物として乳蛋白を含む。」と記載されている医薬品です。乳糖を含む薬剤でも、夾雑物としての乳蛋白の可能性が記載されていないものがあります。この場合、「夾雑物として含まれるかが不明」なのか、「夾雑物がない」のか、現在の私の知識では不明です。下述のように、ガイドラインでは、乳糖は、口から食べる場合は、問題ないことが多い、とされているので、内服薬であれば、問題ないことが多いと考えられます。ただし、アレルギーが重度の場合は、もちろん注意が必要です。
乳タンパクを含む可能性がある薬剤
 
含有量は微量であっても、吸入剤は投与部位にダイレクトにさらされるために、注射剤は、血中濃度が迅速にあがるため、特に注意が必要であると言えます。
<症例報告>
<症例報告>
  • 牛乳アレルギーのある患者が、乳糖を含む DPI を使用後に、アレルギー症状を発症した症例が報告されています(Robles J, 2014
  • 牛乳アレルギー及び気管支喘息の既往を持つ6歳女児が、インフルエンザ罹患時に吸入剤を使用し、アレルギー症状を発症した症例が報告されています(森川みき, 2016
  • 吸入・経口・注射薬による牛乳タンパクアレルギー反応が引き起こされた症例が報告されています(Santoro A, 2019
  • 重度の牛乳アレルギー及び気管支喘息の既往を持つ8歳児で、MDI(長時間作用型β刺激薬、吸入ステロイド)を使用していたところに、DPI を追加したところ、アレルギー症状を発症した症例が報告されています(Anna Nowak-Wegrzyn, 2004)。
  • 重度の牛乳アレルギーと短腸症候群を持つ1歳児において、メチルプレドニゾロンコハク酸エステルナトリウム注射剤投与でアナフィラキシーを発症した症例が報告されています(Porcaro F, 2024)。
 
牛乳アレルギーを持つ方において、乳糖の摂取で即時アレルギー反応が起こることは稀です。食物アレルギー診療ガイドライン2021では、「乳糖にはごく微量の抗原が含まれているが、通常は摂取可能なことが多い。」とされています。
ただし、乳糖を含む加工食品を摂取して即時アレルギー反応をおこした症例も報告されているため(前田晶子, 2020)、重度の牛乳アレルギーの場合は、注意が必要です。
 
牛乳アレルギーと薬剤 【疑義照会で対応する】 ・「禁忌」の薬剤・・・牛乳アレルギーの方には、使わない ・乳タンパクを含有する薬剤・・・牛乳アレルギーの方には、使わない ・乳糖を含有する品  ・「夾雑物として乳蛋白を含む」と記載された薬剤・・・・・・牛乳アレルギーの方には、使わない  ・夾雑物の記載がない・・・個別対応

事例に学ぶ

医療事故情報収集等事業の第51回報告書では、食物アレルギーをもつ患者さんが、食物由来の成分を含む医薬品を摂取した後にアレルギー症状を起こした事例が紹介されています。
  • 乳糖を含む注射剤
乳糖を含む注射剤を注射した後にアレルギー症状を起こした事例が報告されています。(現在は販売中止しているため、その製品の添加剤である乳糖には、乳蛋白が夾雑する可能性があるのかわかりません。
ただし、注射剤は、血管内に直接投与するため、添加剤にも特に注意が必要です。乳糖を含む注射剤には注意が必要です。
  • 乳酸菌製剤
報告書では「牛乳アレルギー」のある患者さんに禁忌の薬剤として、乳酸菌製剤が挙げられています。報告書作成時点(2017年)はもちろんそうなのですが、現在では、多くの製剤で製造工程が見直され、乳蛋白を含まない製剤に改良されており、禁忌ではない製剤があります。

乳糖を含有する注射薬

乳糖を含有する注射剤
 

乳酸菌製剤とアレルギー

乳酸菌製剤には、乳成分が混入する可能性があることから、牛乳アレルギーのある患者には「禁忌」の製剤がありました。上述の第51回報告書にも記載されていました。
現在では、製剤方法の変更に伴い、禁忌が削除になったものが多くあります。つまり、牛乳アレルギーのある方にも使用可能です。(販売終了している製品もあり)
 
  • ビオフェルミンR散/ビオフェルミンR錠:元から使用可能
  • レベニン散/レベニン錠:元から使用可能
 
  • ラックビー R 散:製造方法変更に伴い使用可能(2022年6月に禁忌が削除)
 
  • 耐性乳酸菌散10%「トーワ」:禁忌